News & Events

FDA News Release

米国食品医薬品局(FDA)、食品の安全性システム現代化に向け重大な対策を講じる

消費者をさらなる食中毒から守るための FDA 食品安全性現代化条例を取り入れる動き

For Immediate Release

September 10, 2015

Release

English

超党派の FDA 食品安全性現代化条例 (FSMA)の下で 7 つの重要規則の内最初の 2 つを完成させることにより、米国食品医薬品局 (FDA) は本日、食中毒防止に向け過去数十年間で最も重要な対策の一つを講じました。

本日の行動は、国内で産生される食品と同様の食品安全性標準を輸入食品に適用し、また 州と地域当局が協力して国家的に包括した食品衛生システムを開発して食中毒防止を非常に重要視する最初のステップです。

疾病管理予防センターの最新のデータによれば、毎年、推定 4800 万人(アメリカ人の 6 人に 1 人)が食中毒にかかります。毎年おおよそ 128,000 人が入院し、 3,000人が死亡。

しています。過去数年にわたって、ほうれん草からピーナッツ製品に至る様々な食品に起因した食中毒が注目を集め、食品安全性の持続的改善の必要性を強調しました。

「本日の発表は、毎日家族が食べる食品の安全性における予防と持続的な信頼性を築く現代的な食品安全性システムに導くものです」と FDA の局長代理、 Dr.Stephen Ostroff は述べました。

本日完成した予防的制御の 2 つの規則は、ヒトと動物の食べ物に対する現代的な食品。

製造過程に焦点を置いています。  本日の発表は、食中毒の発生が起こるのを待ってから行動するのではなく、顧客への害を予防するために先に立って食品会社が行動し、FDAと協力することを保証するものです。

予防的制御に関する規制は、ヒトと動物用食品の施設に対し、製品の安全性に影響を及ぼす可能性のある問題を指摘し、これらの問題が発生する可能性を予防または最小限に止めるために施設が取るべき行動をアウトラインした書面による食品安全性計画を開発して実行することを求めています。これは、食品会社が自ら施設をモニターし、自社製品の潜在的な危険性を指摘し、これらの危険性予防に責任を持つことを意味しています。これらの規制に法り、FDA はこれらのシステムと問題予防対策の結果を評価することができ、また食品安全性に問題が発生した場合は対応し、加工食品に対するより良い安全性保護が可能になります。

本日発表された最終的な予防的制御に関する規制は、広範なアウトリーチ努力の結果によるものであり、食品安全性を保証する柔軟性があり標的を定めたアプローチを作成するために、農業従事者、消費者、食品産業と各学界専門家からの価値ある意見を含む何千にも及ぶパブリックコメントを取り入れています。

「スマートで、実用的で、意味のある規制を作成するために、我々は州、食品会社、農業従事者、消費者と共に協力しました」と、FDA 食品および動物医薬品局の副局長である Michael R. Taylor は述べました。「予防第一の食品安全性に関する考え方を進展させるための、ガイダンス、技術援助、訓練の提供に全力を注いできました。」。

一旦 7 つの FSMA 規則が 2016年に完成すれば、全てが一体となって食品安全性システムの体系的強化とより良い公衆衛生の保護をもたらします。

FDA は、ヒトと動物医薬品、ヒト用ワクチンその他の生物製剤、医療機器の安全性と有効性を保証して公衆衛生を保護する米国保健福祉省の一機関です。本機関はまた我が国の食品サプライ、化粧品、栄養補助食品、電子放射線を発する製品の安全性、およびタバコ製品の規制に責任を持っています。

###

Page Last Updated: 09/10/2015
Note: If you need help accessing information in different file formats, see Instructions for Downloading Viewers and Players.
Language Assistance Available: Español | 繁體中文 | Tiếng Việt | 한국어 | Tagalog | Русский | العربية | Kreyòl Ayisyen | Français | Polski | Português | Italiano | Deutsch | 日本語 | فارسی | English